保険代理店管理システムの決定版

ファイナンシャルWebサービス e-Return

HOME > e-Returnのご利用種別と価格 > ご利用種別

e-Returnのご利用種別

e-ReturnはSaaSタイプのソフトウェアです。 (SaaS(サース)とは必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるソフトウェアの総称です。) e-Returnではお客様のご利用状況に合わせて、導入方法が4タイプに分かれており、各型により異なる 階層構造を持っています。

単独ユーザー型 ライセンス型 フリータイプ型 グループ型

★個別ID(下位層)
e-Returnシステムで証券情報の入力や閲覧を行うための保険証券を管理する最小単位となる個人(家族)または企業などのユーザーです。
(必須) 個人・法人の加入している保険証券のデータ(複数)は、個別ID毎に管理されます。 個別IDには管理できる証券数によって、20証券まで管理できる『タイプ20』、100証券まで管理できる『タイプ100』、さらに500証券まで管理できる『タイプ500』が用意されています。 ※単独ユーザー型は『タイプ20』と『タイプ100』の2種類に限られます。

★支社【募集人】または代理店【募集人】(中位層)
複数の個別IDをまとめて管理します。支配下の全証券データの入力、閲覧が可能です。
ある条件に合った証券を複数のエンドユーザーの証券から抽出する横串検索が可能です。

★本社(上位層)
複数の支社をまとめて管理します。支配下の全証券データの入力、閲覧が可能です。
エンドユーザーの作成、支社の作成が可能です。